不器用(TOT) エンジニアのブログ

~ 好奇心の赴くままに - Stay Hungry Stay Foolish ~

Visual Studio Code

今では無料版で誰でも使用できるようになったVisualStudio。

最近では「Community」版

f:id:shevhome:20150724124519p:plain

として、以前の無料バージョンの時に

使えなかった拡張機能などが使えるようになったらしい。

また、コーディングツールに関しても、
Visual Studio Code」

f:id:shevhome:20150724123151p:plain

Microsoftから提供されている。

このツールに関しては、先日、助言をいただき、
Windows環境であるならば、これを使ったほうがいいとのこと。

対応言語のサポートは
https://code.visualstudio.com/Docs/languages
に記載されているが、
自分がコーディングしたいと考えている
 〇javaScript
 〇PHP
 〇Ruby
 〇Java
 〇C#
などに対応しているのがうれしいところ。

コーディングツールをどれを使うかでも、
スピード感が変わってくる。
その点、Microsoftのすごい技術者が作った
「VisualStudioCode」は非常に良くできているため、
このツールを使うように助言を頂いたのかもしれない。

今後はこのツールを使ってコーディングを進めてみよう。