不器用(TOT) エンジニアのブログ

~ 好奇心の赴くままに - Stay Hungry Stay Foolish ~

MacでのAndroid開発環境

実際に家で色々と作ってプログラミングをして

遊びたいと考えているのだが、そのデバイスは

先日、衝動買いをしてしまったMac mini

この環境で開発をやっていくことになるのだが、

MacでのAndroidの開発に関して、

気になった記事をメモ。

 

この記事でGoogleEclipseなどのサポートを

年内に終了し、Android Studioに統合することを知った。

ggsoku.com

 

最近のリリース状況(Android Studio1.3)

osdn.jp

Android Studioに関しては、

2014年12月頃にver1.0をリリースして、最新は1.3。

年末までで、Eclipse等のサポートを終了して、

Android Studioに統合するとなると、

Android Studio2.0が出るころには、

EclipseAndroid Studioがかなり進んでいるのかもしれないですね。

自社サービスの提供をしている会社もそうですが、

統合開発環境などの多くのユーザーが使うものを提供する

企業に関しては、

「何の機能を取り込むのか」

という機能面の説明だけでなく、

「いつ、どのタイミングで(リリースなどを)発表するか」

なども重視しているのでしょうかね。

 

自分が現在関わっているプロジェクトのモバイルチームは、

Eclipseで開発をやっていたため、

Eclipseでやるものだと思っていましたが、

上記のような記事を読んだことで、

AndroidStudioを使ってみることにしました。

 

使ってみての感じたことなどは、

気が向いたら追ってメモしていきます。