不器用(TOT) エンジニアのブログ

~ 好奇心の赴くままに - Stay Hungry Stay Foolish ~

「Iot(Internet of Things」って言葉を最近よく聞く。

「Iot」

これは、

「Internet of  Things」

の略らしい。

 

最近になって、聞く機会も増えてきたが、

この言葉自体が何を指しているのかわからなかった。

 

ハードウェア開発の一種なのかと考えていたが、

「ものをネットワークに接続する」ことで、

様々なデータを収集して活用することができ、

日常生活にも役立たせることができる、

また、それをサービスにすることができる。

それが「Iot(internet of Things」であると解釈した。

 

交通網の到着時刻に関しても、

交通機関(電車、バスなどの「もの」)を、

ネットワークに接続することで情報を収集し、

それを解析して、一般客に通知する。

これについても「IoT」と呼ぶのだろうと

下記の動画をみて、そのように解釈した。

 

このの動画は4年くらい前にアップロードされており、

今後、「Iot(Internet of Things」を使うとこうなると

いうことが説明されており、現在の状況を見れば、

実現されている部分も多いのではないかと思った。

www.youtube.com

 

まぁ、昔はパソコンだけだったのが、

スマートフォンタブレット、車、体重計・・・etc。

色々な「もの」がインターネットにつながるようになり、

「情報を収集する」

  ↓

「それを用いたサービスが作られる」

の流れが増えてきているために、

「Iot(Internet of Things」という言葉が

最近、よく使われているのだろう。

 

企業側が

「より良質な情報を収取し、それを使用して、

 サービスを構築したい」

という欲求を持っているのも、

「Iot」に関する技術が求められる要因の一つかもしれない。

 

エンジニアとしては、非常に面白そうで興味がある。

それに関しては、モバイルやもっとハードよりの

開発についての興味も持つようになってきた。

ん~。面白そうだ。