不器用(TOT) エンジニアのブログ

~ 好奇心の赴くままに - Stay Hungry Stay Foolish ~

Excelで管理。HTMLで一覧化。

最近、Excel等で一覧化していた部分を、

HTMLベースで一覧化するように変更したいなと考え、

HTMLのTableを使って一覧化して、

javaScriptで表示行の制御を行うページを作っていましたが、

やはり「Visual Studio Code」って補完機能が良くて便利です。

オススメです:https://code.visualstudio.com

 

仕事場ではよく共有サーバみたいな場所を作り、

そこで資料の共有を図ると思います。

ですので、上記で作ったHTMLベースのファイルに関しても、

HTML+CSSjavaScript

を1つのファイルで全て記載して、

1ファイルで済むようにしておきます。

そうすることで、わざわざ、

「HTMLファイルに合わせて、同フォルダ内の

 CSSjavaScriptのファイルも取得してください」

って言わなくていいから楽ですよ。

 

ちなみに、一覧化したHTMLのTable部分に関しては、

VBA使って、TR/TH/TDタグを作成するようにしてあげると、

元となるHTML+CSS+javaScriptのファイルを用意しておけば、

そのファイルの一覧部分にVBAで追加してあげるだけで作成完了。

 

まぁ、Excelだけでも管理できますが、

Excelには一覧化したシートの他に関連する内容のシートを

複数シート追加するので、開くのに時間かかったりするんですよね。

そんな時に上記の方法がオススメです。

 

〜追記〜

下記に表示するイメージのHTMLベースのソースを

共有しておきます。参考にどうぞ。

shevhome.hateblo.jp