転職のためのエージェント選びは、サービスでなく、担当してくれる「人」で良いと思う人を選ぶ

年齢にかかわらず、

 

転職においては、

 

情報を収集すること、

 

応募して面接を受けること、

 

そのようなことに対して、

 

「情報を収集するためにエージェントを活用する」

 

ということが、

 

転職活動をやっていく人の中で、

 

世の中の企業を知り、

 

自分が転職市場の中で、

 

「どのくらい人材として求められる企業があるのか」

 

 ということや、

 

「どのような企業なら採用に近づくことができるのか」

 

という点を把握できるので、

 

うまく転職できるかどうかを分ける大きな要因です。

  

このエージェントによる情報収集に関しては、

  

「AIジョブカレPRO」(クリックでサイトへ)

 

「転職hone」(クリックでサイトへ)

 

「ポジウィルキャリア」(クリックでサイトへ)

 

このような、

 

転職サポートのサービスを複数、

 

活用してみながら、

 

「自分の性格に合ったエージェントの担当者を見つける」

 

ということが、

 

エージェントからの情報収集をする上で、

 

非常に大切なことです。

 

このエージェントでの情報収集をする上で、

 

使う側からも担当者に要望を出していくことで、

 

「自分が転職に求めていることをエージェントに把握してもらいやすい」

 

 ということがあるので、

 

遠慮せず、エージェントには要望を伝えましょう。

 

また、

 

「うまく、話を伝えられない」

 

「緊張してうまく話せない」

 

ということが、

 

性格上、あるようなら、

 

例えば、女性であれば、

 

「女性の目線で相談にのって欲しいので、女性の担当者をお願いできますか」

 

などの形で、

 

エージェントを活用する最初の段階で、

 

どのような担当者が、

 

自分のエージェントとしてサポートして欲しいのか、

 

その辺りを最初に要望してみるのも1つの方法です。

 

サービスによっては、

 

この辺りの要望にも答えてくれることが多く、

 

「女性のエージェントの方に担当になって欲しい」

 

「エンジニア上がりのエージェントに相談してみたい」

 

など、

 

そのサービスの中で、

 

該当するエージェントが対応できそうであれば、

 

要望に応えてくれることもあるので、

 

「AIジョブカレPRO」(クリックでサイトへ)

 

「転職hone」(クリックでサイトへ)

 

「ポジウィルキャリア」(クリックでサイトへ)

 

などを活用していく中でも、

 

自分に担当してくれるエージェントと、

 

「人」と「人」としての相性があるので、

 

その辺りは、気兼ねなく、

 

エージェント活用の際に依頼してみることで、

 

より良い情報収集や相談などにつなげていきましょう。